本文へスキップ

ハーブティーの美味しい入れ方。アレンジ方法もご紹介します。

サイトマップ

ハーブティーの美味しい入れ方

ドライハーブ

ドライハーブ

■STEP1
ティーポットに人数分のドライハーブを入れる。
一人分のハーブの量は、ティーカップ一杯分(約150~180CC)に対してティースプーン山盛り一杯です。
✩あらかじめティーポットとティーカップを温めておくとより美味しく頂けます。

■STEP2
スパイスや果実など堅いハーブは、エキスを出しやすくするためにスプーンの背で軽く押しつぶしたり、指で細かく裂いてから使いましょう。

■STEP3
ティーポットに熱湯したお湯を静かに注ぎます。

■STEP4
ティーポットの蓋をして3~5分蒸らします。
実や根などの堅いハーブは多めに時間をかけて蒸らします。(5~10分位)
ティーポットを水平に軽く回してティーの濃さを均一にしたら、茶こしを使ってティーカップに注ぎます。


ティーパック

ティーパック

STEP1
ティーカップに沸騰したお湯を静かに注ぎます。
✩あらかじめティーポットとティーカップを温めておくとより美味しく頂けます。



STEP2
ティーパックをティーカップに入れ、ソーサーなどで蓋をします。
3蓋をしたら3~5分蒸らします。蒸らし終わったら早めにティーパックは外して下さい。苦味や渋みが出てしまいます。



■美味しい飲み方

そのままだと飲みにくい時は、蜂蜜・砂糖など甘味料を入れたり、ミルクを入れてミルクハーブティーにしてみると飲みやすくなります。

ジュース・紅茶・ソーダ・お酒などお好きな飲み物とブレンドすると、より手軽に楽しくハーブティーを頂けます。

また、数種類のハーブをブレンドすると、風味豊かな味わいになり相乗効果によって効果が高まります。
どのハーブにも比較敵相性がいいものは、ローズヒップ・ハイビスカス・ミント・ジャーマンカモミール・レモングラスなどです。

ハーブティーの入れ方


■ハーブティーをアレンジした使い方

入浴剤として
ハーブティーとして飲む時より3~5倍位濃く抽出したものを浴槽のお湯に加えると香り豊かなバスタイムを味わえます。
肌荒れにジャーマンカモミール、疲れた時はラベンダーなど。

湿布として
ハーブティーとして飲む時より3~5倍位濃く抽出したものをタオルやガーゼなどに浸して絞り、身体の気になる部分に貼ります。
疲れ目にアイブライト、ラベンダー、腰痛にはジャーマンカモミールなどが効果的です。

うがい薬として
ハーブティーと同じか少し濃い目に抽出したものをうがいする時に使います。殺菌作用のあるタイム、ミント、レモングラスなどがオススメです。